Japan JA Wrenched - San Francisco

  • Chrome x Red Bull Ride and Style 2013

    matt-reyes_800w

    もうすでに、大半の人たちがRed Bull Ride and Style 2013に関するレポートを読んだり、#CFTV(Can’t Fool The Youth)とOmari SebaiがWheel Talkで公開したイベントリキャプ映像や友だちやバイクチームが撮った写真の数々を目にしていることだろう。その全てが最高の状態で映像や写真に収められていることは間違いなし。我々も、このWheel Talkの映像を何回再生しなおしたか分からないぐらいだ。 Continue reading

  • Skull & Sword: Grime

    Grime

    飽和したタトゥーカルチャーの中で、Skull & Swordは独自な存在と言えるだろう。馬車馬のように必死に働きながらも、ファインアートに対するアプローチを忘れていないからだ。さらに、このタトゥースタジオを作ったアーティストたちが、現在のシーンを形成し数々のタトゥーアーティストを志す人々に多くのインスピレーションを与えている事も注目したい。そんなスタジオの頭首を務めるGrimeの説明は不要かもしれないが、彼の日本やアメリカの伝統をはじめ生体機械からインスパイアされたスタイルは、たとえタトゥーに馴染みのない人々にも強烈なインパクトを残すパワーを持つ。Grimeのリーダーシップ、スタイルや労働観がYutaro、Henry Lewis、Langoといったアーティストたちを魅了し、彼のスタジオに毎日来て働く最大の理由だろう。

    どんなファミリーでも同じことが言えるが、それぞれのアーティストにスタイルがり自分の持ち味をSkull & Swordで発揮している。Yutaroはエキスペリメンタルなアートワークをはじめ日本の伝統的なタトゥーを完璧に再現することで知られているし、Henry Lewisはアメリカのトラディショナルなスタイルをルーツとしながら、イラストや大胆なスタイルのタトゥーを得意とする。Langoは、日本のベテラン彫師たちの作品からインスピレーションを受けたディテールや動きのある作風が売りだ。Missionストリートにひっそりとある2階建てのスタジオだが、Skull & Swordをメッカと呼ぶファンがいるのも納得できる。

    —Clay Gardner

    Studio

    GRIME

    お気に入りのエリア:俺が住んでるMission

    安くて上手い飯屋:もの凄い腹が減るまで、あまり飯の事は考えないんだ。その時に近くにあるものを食べる感じかな

    お気に入りのバー:House of Shields。Moz Nightはイケてるし、インテリアもいい

    お気に入りのコーヒーショップ:そんなもん飲まない

    お気に入りの服屋:Ben Sherman / Diesel / Bloomingdales

    お気に入りの観光客向けスポット:Alcatraz。そこで98年に自分でタトゥーを入れた

    お気に入りのバイクショップ:ValenciaにあるFreewheelで今乗っているやつを買った。いいスタッフがいる

    外でも飲めるオススめスポット: 自分のバックヤード

    お気に入りの博物館かギャラリー:De Young

    好きな自転車向けライディングスポット:Hemlock Alley

    お気に入りの飯屋:Patxi's Pizza. Gary Dankoは最高

    SFの隠れオススメスポット:850 Bryant

    お気に入りのスケートショップ:DLX

    お気に入りの地元の料理や飲み物:水道水

    好きなSFのレジェンド:Don Ed Hardy

    お気に入りの年一イベント:だらしなくて才能のない30代の負け犬がタトゥーアーティストになる日

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:そんなもんない

    最高のライブハウス:Great American Music Hall

    お気に入りの公園:Bernal Hill

    最高のブリトー:たまにCancun

    最高の床屋:ずっと自分で切ってる。

    最高のタトゥーショップ:Circa 1974: Realistic Tattoo。あと俺たち!

    最高の靴屋:VANSからスポンサーを受けてる

    最高のカメラレンタル:Calumet

    SFならではと言えば?:監督委員が多いのに、選挙区民が少ないこと

    GiantsとAsは?: Fuck Baseball!

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?Noise Pop

  • Sarah Murder

    SarahMurder

    エレガントでもベースボールキャップを被れるかって?上品なのに額から玉のような汗を流せるか?美人でも酒で相手を飲みぶせるのか?もしキミの名前がSarah Murderだったら、答えは絶対的にYESだ。クライアントであるCupid Courier Collectiveからの電話を受ける携帯、自分の店であるPushbikeの鍵をポケットに彼女は今日も街を駆け巡る。Cycle Messenger World Championshipのベルトを保持している時点で、彼女が典型的なメッセンジャーの枠をとっくに通り越しているのは言うまでもないない。そう、彼女は何事もきっちりとやりきってしまうのだ。サフランシスコのメッセンジャーカルチャーを、Sarah Murderみたいにレペゼンできる人物はそう簡単に見つからない。派手なやり方ではないけれど、彼女はサンフランシスコにいる一概のメッセンジャーを超越してしまった。東京、チューリッヒ、ダブリン、シアトルで行われるレースに出場し世界的に認められているし、Sarahこそ“サンフランシスコ“そのものだと言っていいだろう。誰も真似できないライディングでシーンのアイコンとなり、皆から愛されている存在がSarahなのだ。世界中のメッセンジャーに影響を与える彼女が、自らのショップ”Pushbike”をオープンした事も当然の流れなのかもしれない。彼女のショップにはサンフランシスコの素晴らしいバイクカルチャーが凝縮されており、キミの中にいる二輪の戦士のニーズに応えて素敵なアパレルやアクセサリーを届けてくれるはずだ。 — Mike Rabdau, Godspeed Courier

    DSC_4698_420

    お気に入りのエリア: Mission

    安くて上手い飯屋: Ted's Deli

    お気に入りのバー:Bender's

    お気に入りのコーヒーショップ: Trouble Coffee

    お気に入りの服屋:Levi's Union Square

    お気に入りの観光客向けスポット:Musee Mecanique

    お気に入りのバイクショップ:Box Dog Bikes

    外でも飲めるオススめスポット: Mojo Bicycle Cafe

    お気に入りの博物館かギャラリー: Gallery Heist

    好きな自転車向けライディングスポット:坂!街の周りのループ!ダウンタウン

    お気に入りの飯屋:Sunflower Vietnamese

    SFの隠れオススメスポット:Seward St. Slides

    お気に入りのスケートショップ:Mission Skateboards

    お気に入りの地元の料理や飲み物:De La Paz Coffee

    好きなSFのレジェンド:Frank Chu

    お気に入りの年一イベント:Beer to Brakers

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:Humphrey Slocombe's Ice Cream

    最高のライブハウス:Hemlock

    お気に入りの公園:Sydney G. Walton Square

    最高のブリトー:Veggie at El Metate

    最高の床屋:Original Palace

    最高のタトゥーショップ:Let it Bleed

    最高の靴屋: Shoe Biz

    最高のカメラレンタル:Calumet

    SFならではと言えば?:Golden Gate Parkにいるバッファロー!?!

    GiantsとAsどっちが好き?: Giants

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?Noise Pop

  • REBEL8: Mike Giant & Joshy D.

    Rebel8

    Joshy D.とMike Giantが出会ったのは、90年代後半のサンフランシスコのグラフィティシーン。Joshy D.がちょうどタトゥーアーティストを探している時だった。意気投合した二人は、Mike Giantが無償でJoshy D.のためにT-シャツ用のグラフィックを提供する間柄になっていく。その後、少しぐらいの大志はあったが、ビジネスプランなんて一切持たずに二人は$500でTシャツを作る会社を設立。バジェットが許す限りデザインとプリントを続け、売ったTシャツの売り上げで、もっとTシャツを作るというのが彼らのビジネスだった。しかし二人は7年間で着実にブランドを育て上げ、今では世界中で知られるアパレルブランドまでにREBEL8を成長させた。

     

    ブランドにとっての重要な原動力は、二人が住むサンフランシスコから来ているのだという。ロサンゼルスとニューヨークのような巨大な大都市の中に隠れてはいるが、サンフランシスコが持つアートシーンの強さと忍耐力がREBEL8の成功に大きく反映されているのだ。そして彼ら自身も、何度も何度も立て直されたサンフランシスコの街のように、批判や模倣品を押しのけて自身の立ち位置を明らかにしなければならなかった。そうした中で、REBEL8はサンフランシスコの定番ブランドとして成長を果たし、Tシャツのグラフィックを通してサンフランシスコの415というエリアコードをレペゼンしている。

    現在では、Joshy Dがビジネスサイドを担当し、Mike Gaintがアートディレクションとブランドの成長を見守る形でREBEL8は運営されている。そしてオーセンティックさやグラフィックとデザインの独自性は、どのプロダクトをとっても二人のライフスタイルが落とし込まれていることが分かる。業界にいて10年近くが経過した現在でも謙虚な姿勢を忘れずに、品質にこだわるブランドとしてREBEL8は変貌を遂げた。ファッション以外のプロジェクトも手掛けているが、彼らのフォーカスはホンモノを喜ばす高品質な服作りにあることは変わらない。

    以前は資金のなさがREBEL 8の弱みだったが、それが今ではブランドの世界観を定義する強みになっているのもユニークな点だ。使えるバジェットが少なかったので、コラボプロジェクトやビジネス面での決断は慎重にならざるを得なかったのだ。資金的には苦しんだがMike Giantのグラフィックによって、ブランドが抱えた障害を乗り越えていった。REBEL 8が持っていた一貫性やオリジナリティといった強みも、ブランドの成長と共にさらなる盛り上がりを見せる。

    これからの10年間も、REBEL 8は絶対に変わらない一貫性でファンが慣れ親しんだプロダクトを提供していくだろう。だが、それはJoshy DとMike Gaintの二人が、REBEL 8の限界に挑戦しないというわけではない。さらに豊かなプロダクト陣をひっさげつつも、REBEL 8はREBEL 8で有り続けるのだ。大量生産や収益の上げるための妥協が当たり前になった時代に、REBEL 8はブランド設立時と変わらない謙虚な姿勢でこれからも歩んで行くのだから。

    — Emily Shen

    joshyD(2)

    Joshy D

    お気に入りのエリア: Mission

    安くて上手い飯屋: Tonayense taco truck

    お気に入りのバー:ひとつに絞れたらいい。ガキの頃の親友と同じで、ひとつに絞れない

    お気に入りのコーヒーショップ: コーヒーは飲まないけど、Four Barrelはいいらしい。ホットチョコレートって作ってるのかな?

    お気に入りの服屋:REBEL8の服か、友だちのブランドの服を着ているから、服は買わない。ダウンタウンにあるUrban Outfittersにいることが多いかも

    お気に入りの観光客向けスポット:6th & Market

    お気に入りのバイクショップ:Box Dog Bikes

    外でも飲めるオススめスポット: Zeitgeistかな。でもDolores Parkで飲むデカいTecateのほうがいい

    お気に入りの博物館かギャラリー: Academy of Sciences

    好きな自転車向けライディングスポット:Panhandle

    お気に入りの飯屋:Del Fina.

    SFの隠れオススメスポット:自分の家

    お気に入りのスケートショップ:FTC

    お気に入りの地元の料理や飲み物:Sourdough bread.

    好きなSFのレジェンド:Joe Montana

    お気に入りの年一イベント:ヒッピーが街からいなくなるからBurning Man

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:自分のアソコがこのインタビューに答えくれたらと思う

    最高のライブハウス:Great American

    お気に入りの公園:Dolores

    最高のブリトー:La Taqueria.

    最高の床屋:Great Clips on Fulton StにあるSanka

    最高のタトゥーショップ:Everlasting

    最高の靴屋: Shoe Biz

    最高のカメラレンタル:そんなアマチュア向けの答えはできない

    GiantsとAsどっちが好き?: Giantsしかないっしょ。オークランドってSFじゃないし

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?Fuck you

     

    DSC_2182(1)

     

    Mike Giant www.mikegiant.com

    お気に入りのエリア: The Tenderloin

    安くて上手い飯屋: Tu Lan

    お気に入りのバー:Benders

    お気に入りのコーヒーショップ: Hyde and Golden GateにあるAll Stars Donuts

    お気に入りの服屋:HUF

    お気に入りの観光客向けスポット:Alamo SquareのThe Victorians

    お気に入りのバイクショップ:Freewheel

    外でも飲めるオススめスポット: Zeitgeist

    お気に入りの博物館かギャラリー: Guerrero Gallery

    好きな自転車向けライディングスポット:Golden Gate Park

    お気に入りの飯屋:Club DeluxeにあるGiovanni’sの手作りピザ

    SFの隠れオススメスポット:Specs bar

    お気に入りのスケートショップ:FTC

    お気に入りの地元の料理や飲み物:Anchor Steam beer

    好きなSFのレジェンド:Twist

    お気に入りの年一イベント:Folsom Street Fair

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:Union Squareで美女観察

    最高のライブハウス:Great American.

    お気に入りの公園:Dolores.

    最高のブリトー:Pancho Villa

    最高の床屋:髪は最近切ってない

    最高のタトゥーショップ:Blackheart

    最高の靴屋:MarketにあるKaplan’s

    最高のカメラレンタル:分からない

    SFならではと言えば?:The Lusty Lady

    GiantsとAsどっちが好き?: 俺の名前で分かるでしょ?

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?:分からない

    DSC_1974(1)

  • Princess Donna

    PrincessDonna_420(1)

    ハード、エッジー、支配的、知的、美人、クィア・タトゥー、高く上げるセクシーな腿、スムーズな肌、レザーコルセット。その全てがPrincess Donnaを語るのに必要なものだ。彼女はダメージが残るまでキミをいたぶり倒すことを恐れずに、自らの心臓を抑えるかのようにキミの身体を押さえつける。

    そんな彼女は2004年の八月一日からSM系ポルノ会社Kink.comの二人目の女性監督として選ばれ、今も現役で活躍している。カルフォルニアで産まれたDonnaはニューヨーク大学で写真を学びながらジェンダーの社会学を学んだ。卒業後は西海岸に戻り、Kinkの人気サイトを引き継ぎ、SMの女王として認知されるまでになった。これがきっかけで数年後にKinkのウェブサイト内に自分のページを立ち上げ、普通のオーディエンスとセクシー女優たちが触れ合える画期的な番組を開発した。

    強さと哀れみを武器にPrincess Donnaは心臓発作を起こしてしまうぐらい、キミを揺さぶるはずだ。キミを徹底的に縛り付け、昇天させてくれることも保証する。 — Isaac Fitzgerald

    PrincessDonna2_420

    お気に入りのエリア:The MISSION!!!!!

    安くて上手い飯屋:La TaqueriaかSunflower Vietnamese

    お気に入りのバー:500 club、Zeitgeist、the Lexingtonは愛してる。Q Barにいるイケメンバーテンダーも目の保養にオススメ(もちろんドリンクも)

    お気に入りのコーヒーショップ:Mission Beach、Four BarrelとMaxfield’s

    お気に入りの服屋:古着屋!!Mission Thrift、Community Thriftは必須。お気に入りのSF出身デザイナーはKittin Hawkね。古着を買い漁ってない時は Bell Jar、RevolverかArchetypeで彼女の服を買ってる。彼女って最高!

    お気に入りの観光客向けスポット:Dolores Park。これって観光客向けスポットかな?

    お気に入りのバイクショップ:運動?そんなもんしない

    外でも飲めるオスススポット: Dolores Parkだけど自分で飲み物を持ってこないとダメ

    お気に入りの博物館かギャラリー:111 Minnaではいい展示がやってる

    好きな自転車向けライディングスポット:通勤のルート

    お気に入りの飯屋:B Star。The Tea Leaf Saladは本当に最高!

    SFの隠れオススメスポット:ここで教えたら隠れ家がなくなるから言わない

    お気に入りの年一イベント:PRIDE!!!!!

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:カントリーを聴きながら車で街をクルージング

    最高のライブハウス:Patti Smith、Morrissey、Jackie Greeneとかのライブが見れたしFillmoreが好き

    お気に入りの公園:Dolores Park

    SFならではのエンタメは? ダンスが好きだからEl RioのHard FrenchとSF UndergroundのSissy Strutによく行く

    お気に入りの映画館は? The Castro Theater

    SFで自分にとって欠かせないクリエイティブな仲間といえば? Brande BaughとJustin Kelly (映像を一緒に作ってる), Kittin Hawk (ファッションデザイナー). Sharkey (フォトグラファー)。あと同僚たち!

    SFを地元と呼ぶ理由とは?: 素晴らし過ぎる自分の職業

    最高のブリトー:La Taqueria

    最高の靴屋:Gucci

    SFならではと言えば?:私が働いているポルノのお城

  • Merkley???

    MerkleyPortrait_420

    Merkley???はボスだ。俺はヤツの過激なところが最高だと思うね(本当の快楽主義者には十分すぎることなんて言葉は存在しない)。ヤツの写真はPixy Stixをストローで吸いながらThe Sweetの「Ballroom Blitz」をボリューム最大で聴くのと同じことだ。もちろんヘッドフォンでね。しかも中国人の政治犯が作ったチワワの骸骨性ヘッドフォンでな。

    こいつにマジで他の説明って必要なのかい?ヤツはジーザスのおっさんよりタチが悪い。本物のキリストのことじゃなくて、違うジーザスのことな。コインランドリーにいつもたまってて、ドライヤーから女の下着を盗んでるヤツのことを俺は言ってる。

    — Coop

    8atete

    お気に入りのエリア:Haightの下の方!

    安くて上手い飯屋:Taquerias El CastillitoとEl Farolito

    お気に入りのバー:Beauty Bar

    お気に入りのコーヒーショップ:俺は詩が好きじゃない

    お気に入りの服屋:ベトナムで服をカスタムメイドで作ってる

    お気に入りの観光客向けスポット:アグレッシブな乞食たち

    お気に入りのバイクショップ:運動?そんなもんしない

    外でも飲めるオススめスポット:インドアが好きだし、Sparksをブラウンバックで飲んでる。スキットルも外にはオススメ

    お気に入りの博物館かギャラリー:111 minna

    好きな自転車向けライディングスポット:自転車には乗らないっつーの。俺がデブって言いたいのかい?

    お気に入りの飯屋:El Castillito

    SFの隠れオススメスポット:ここで教えたら隠れ家がなくなるから言わない

    お気に入りのスケートショップ:スケボーはしないけど、FTCにいるキッズは何人か知ってる

    お気に入りの地元の料理や飲み物:サフランにあるタコス屋!

    好きなSFのレジェンド:近くで店をやってる店員

    お気に入りの年一イベント:Burnig Manのために人が少なくなるのが好き。クールな奴らしか街に残らないしね

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:平均的なチーズバーガーと男みたいなレズビアンから漂う体臭を特定すること

    最高のライブハウス:The Independent

    お気に入りの公園:Golden Gateにあるカモの沼とガーデン

    最高のブリトー:最高のブリトーはブリトーじゃなくて、ケサディアだ。もしブリトーを食べなければいけないときはCancunのsuper carne asadaかな

    最高の床屋:自分で切ってるけど、Haightの下の方で美容師の友達がたくさんいる。誰かにHaightの下の方には世界のどこよりもヘアサロンが密集しているって言ってたけど、俺もそう思う

    最高のタトゥーショップ:電動歯ブラシと針とシャーピーをを使ってタトゥーガン作った。グレープフルーツで試してる。俺が信じてるのはDIYだしね

    最高の靴屋:Payless

    最高のカメラレンタル:借りたことがない

    SFならではと言えば?:最高のドラッグクイーンたち!

    GiantsとAsどっちが好き?:は?

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?SEXしようとした奴がどいつもブリブリになってしまうから、全部フェスは嫌い。

    p 24x32 1/13 09-01-09

  • Matt Revelli

    MattRevelli_420(1)

    Matt Revelli

    Upper Playgroundの10周年を記念したブックの中にずっと頭に残っている言葉がある。Upper Playgroundのクリエイティブディレクターを務めるMatt Revelliは1999年に会社を設立して以来、世界規模で最高のコンテンポラリーアートシーンを牽引してきた。そして気になった言葉の件だが、ある男が9/11のテロがあった日にUpper PlaygroundのTシャツを買った。そして本にはこう書いてあるんだ。「9/11にTシャツを買った人はその日にテロが起こったことを絶対理解しているけど、Tシャツを買わずにはいれなかった。ただTシャツが買いたかっただけだから。それってもし地球が滅びるかもしれない時でも、誰かTシャツを買う人がいるって事と一緒だってことなんだ」

    Upper Playgroundはファッションやアートの世界に革命を起こしたと俺は思いたいね。両者の持つエネルギーを旨く組み合わせてファッショナブルかつ手頃そして普通に着れるプロダクトを作り上げっていうのもあるし。しかもTシャツ、パーカ、キャップといったアイテムは有名なアーティストによってデザインされたものばかりだ。でもアート雑誌Juxtapoz Art & Culture Magazineの編集長も務めるMattとUpper Playgroundは、どれだけ賞賛されてもその功績におごることはなかった。そして最近になって彼のこんな言葉を訊いた。Mattは「俺はアーティストの才能というエネルギーを集めてそれを世界に戻しているだけ。それが全てなんだ。彼らアーティストが参加できるステージを用意して、コンサートをしてもらうだけだよ」って言うんだ。そんな言葉と共にMattとUpper Playgroundはこれからも変わらずに進んで行く。

    — Evan Pricco, Juxtapoz Magazine

    _DSC5743_420

     

    お気に入りのエリア:Lower Haight

    安くて上手い飯屋:Cafe International

    お気に入りのバー:Som Bar

    お気に入りのコーヒーショップ:Lucky Penny

    お気に入りの服屋:Unionmade

    お気に入りの観光客向けスポット:Cliff House

    お気に入りのバイクショップ:うーん、City Cycle

    外でも飲めるオススめスポット:Cafe Du Soleil

    お気に入りの博物館かギャラリー:Yerba Buena

    好きな自転車向けライディングスポット:Ocean Beach

    お気に入りの飯屋:Outerlands

    SFの隠れオススメスポット:Farm and Table

    お気に入りの地元の料理や飲み物:ITS IT

    好きなSFのレジェンド:Fillmore Slim

    お気に入りの年一イベント:noise popかオラクルが街を占拠した時

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:暑い日にunion squareにあるホテルのプールに忍び込むこと

    最高のライブハウス:Fillmore

    お気に入りの公園:Duboce

    最高のブリトー:Little Chihuahua

    最高の床屋:自分で剃ってる

    最高の靴屋:TRUE

    SFならではと言えば?:The Tenderloinは半端ない

    _DSC5721_420

  • MASH: Mike Martin & Gabe Morford

    MASH

    Mike MartinとGabe Morfordに歴史に残る名作、MASHを作ったきっかけは何かという質問を投げかけたとしたら、かなりシンプルな答えが返ってくると思うんだ。おそらく大半の人たちが、友だちと一緒にサンフランシスコの坂をボムりまくるライダーのクールな姿を記録して、トラックバイクの可能性を探るみたいな答えを想像すると思う。

    でも彼らは、純粋にビデオが作りたかっただけんだ。特に意識するわけでもなく製作したムービーが世界中にムーブメントとして広がった。彼ら自身はそんな重たい責任を負いたくないだろうが、でもそれはもの凄い作品を撮った彼らに与えられるべき銅賞みたいなものだというのには変わりないはずだ。最初のアイデアがMASHクルーの人生のチャプターに大きな影響を与え、トラックバイクの可能性を定義するのに協力してくれたライダーたちを相変わらずサポートする姿勢をキープしている。

    MASHのこれからの具体的な動きは誰にもわからないし、それこそブロガーに彼らの次の動きを推測させるネタでしかない。でもそれと同時に、俺たちは彼らが作った最高の作品をずっと忘れることはないだろう。

    MASHが行う全ておいてこだわりを持って活動する彼らに感謝を述べたい。MASHのおかげでシーンに新たな標準ができ、何をするにしても俺たちにインスピレーションを与えつづけてくれる貴重な存在がMike MartinとGabe Morfordなのだ

    — Matt Sharkey

     

    centerspread(1)

    Mike Martin

    お気に入りのエリア:Panhandle

    安くて上手い飯屋:Arguello Super Marketのターキーサンドイッチ

    お気に入りのバー:天気が良ければZeitgeist

    お気に入りのコーヒーショップ:Erik Zo

    お気に入りの服屋:M.A.C.

    お気に入りの観光客向けスポット:Musee Mecanique

    お気に入りのバイクショップ:Box Dog Bikes

    外でも飲めるオススめスポット:Mojo Cafe

    お気に入りの博物館かギャラリー:Luggage store Gallery

    好きな自転車向けライディングスポット:7X7

    お気に入りの飯屋:San Tung

    SFの隠れオススメスポット:The San Francisco School

    お気に入りのスケートショップ:DLX-SF

    お気に入りの地元の料理や飲み物: Tejava black tea

    好きなSFのレジェンド:Gabe Morford

    お気に入りの年一イベント:Breakers to Bay

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:fisherman's wharfのIn&out burger

    最高のライブハウス:どのアパートにあるキッチン

    お気に入りの公園:Golden Gate Park

    最高のブリトー:Los Compadres taco trucks

    最高の床屋:妻

    最高のタトゥーショップ:Seventh Son Tattoo + Skull & Sword

    最高の靴屋:Huf

    最高のカメラレンタル:Rental Express

    SFならではと言えば?:世界中から集まるいい感じの人々でSFに恋して、ずっと住んでる奴ら

    GiantsとAsどっちが好き?: GiantsスタジアムにあるSupercross

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?Noise Pop Festival

    Gabe Morford

    お気に入りのエリア: Western Addition/Panhandle

    安くて上手い飯屋:Red's Java HouseかTrader Joe's

    お気に入りのバー:Buckshotだけど週末はいかない

    お気に入りのコーヒーショップ:Atlas Cafe

    お気に入りの服屋:Old Navy

    お気に入りの観光客向けスポット:Golden Gate Bridge

    お気に入りのバイクショップ:Freewheel Hayes

    外でも飲めるオススめスポット:Java Beach Cafe

    お気に入りの博物館かギャラリー: Musee Macanique

    好きな自転車向けライディングスポット:どこでも

    お気に入りの飯屋:Hanabi (RIP) Crossroads Cafe

    SFの隠れオススメスポット:Presidio Bowl

    お気に入りのスケートショップ:FTC、Huf、MIsson Skateboards

    お気に入りの地元の料理や飲み物:Calistoga Sparkling Water

    好きなSFのレジェンド:Tommy Guerrero

    お気に入りの年一イベント:感謝祭

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:Pedicures

    最高のライブハウス:Great American Music Hall

    お気に入りの公園:Golden Gate Park

    最高のブリトー:MariachiかPapalote

    最高の床屋:Pretty Pretty Collective

    最高のタトゥーショップ:N/A

    最高の靴屋:Huf

    最高のカメラレンタル:仕事によるけどCalumet PhotographicかPro camera

    SFならではと言えば?:10月なのに夏

    GiantsとAsどっちが好き?:ガキの頃にCandlestick Parkいってたから、ちょっとGiantsが好きかな

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?Treasure Islandしか行ったことないけど、結構楽しかった

  • Kent Uyehara

    KentUyehara

    ここ25年間サンフランシスコのスケートボードシーンにおいてFTCの存在は欠かすことができないものだろう。ここ何十年の間にサンフランシスコを訪れたり、住みだしたどの伝説的なスケーターたちもFTCという影響力の強いスケートショップに感化され、関わりを持って来た。

    サンフランシスコ出身のKent Uyeharaこそがこのショップとブランドをここまでにした人物で、キューレター兼政治家、そしてビジネスオーナーでもある。
    90年代初頭シーンに多大な影響を与えたSolo SnowboardsやIan Jonhsonと一緒にやっているWestern Edition Skateboardsも彼が仕掛け人と言ってもいいだろう。Kentは自分のビジネスに“ファミリー”という概念を取り入れ、彼と関わりがあったり仕事をしてきた人たちは、彼が大切にする概念を絶対的に感じているはずだ。

    KentとFTCはHaightストリートで様々なアートショーを開催し、地元のストリートシーンにも多大な影響を与えてきた。さらにMike Giant、Bigfoot、Misk、PNUTそしてMars1といった名の知れたアーティストは、彼らが有名になる前にFTCのグラフィックを手がけきた所もFTCの懐の深さを感じられる要因の一つでもあるだろう。
    サンフランシスコで始まったスケートショップが現在では東京、サクラメント、バルセロナといった都市に広がり、世界各地で展開されている。この男を生み出したサンフランシスコという街自体もKentの存在を誇りに思っている事は間違いないだろう。FTCの3文字はたくさんの意味を持っているが“FOR THE CITY"こそがKentとブランドが掲げるモットーなのだ。 — Graham James

    1(5)

     

    お気に入りのエリア:Haight近辺

    安くて上手い飯屋:ほとんどのエスニック料理屋

    お気に入りのバー:Movida Lounge (RIP)

    お気に入りのコーヒーショップ:飲んだ事が無い

    お気に入りの服屋:Haightストリート

    お気に入りの観光客向けスポット:Golden Gate Bridge

    お気に入りのバイクショップ:SFO

    外でも飲めるオススめスポット:天気の良い時に行くBeach Chalet

    お気に入りの博物館かギャラリー: Academy of Science

    好きな自転車向けライディングスポット:全て

    お気に入りの飯屋:ChaChaChaだけど、たくさんありすぎる

    SFの隠れオススメスポット:Tu Lan Vietnamese restaurant

    お気に入りの地元の料理や飲み物:Bay Bread Co aka La Boulange

    お気に入りのスケートショップ:FTC

    好きなSFのレジェンド:Willie McCovey

    お気に入りの年一イベント:Doin' It in the Park BBQ

    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと:ずっと同じ服装をする

    最高のライブハウス:Bimbo's 365 Club

    お気に入りの公園:Golden Gate Park

    最高のブリトー:Zona Rosa、Papalote、Pancho Villa

    最高の床屋:Japan Beauty CenterにいるAya

    最高のタトゥーショップ:タトゥー無し

    最高の靴屋:Harput(RIP)

    最高のカメラレンタル:Gasser

    SFならではと言えば?:The Bushman

    GiantsとAsどっちが好き?:Giantsの次にA’s

    SFならではと言えば?:The Bushman

    GiantsとAsどっちが好き?:B’s

    Noise Pop、Outside Lands、Treasure Islandのミュージックフェスだとどれが好き?チケットをくれればどれでも

  • Keith Hufnagel

    KeithHufnagel
    Hufは俺の“成し遂げた友だち”の一人だ。Keithとスケートをして育った日々はまさに冒険だった。マンハッタンのストリートをクルーズしながら、自分の目の前にある全てのものをオーリーで超えて行く姿を撮影し、彼が最高のスケートボードに変わっていく様を近くで俺は目にした。SFに移った後は、親友のKeenon Milton とFun skateboardsのライダーになって、SFの坂を攻め、エンバカデロのレッジにガンガントリックを決める日々を過ごした。それからReal Skateboardsのライダーとしてキャリアを詰み、世界中がHufの存在に注目し始めたんだ。
    Real Skateboardsの中で最も知られるプロとして活動する傍ら、SFを愛するHufがHUFという自身のニックネームを使ったショップをオープンさせた。普通のスケートショップとはひと味違うストリートやスニーカーを得意とし、ストリートウェアやスニーカーカルチャーを代表するショップへと発展を遂げた。世界中で認知されるスケート界のレジェンド、Hufが手がけるショップは業界でも大きな話題を呼び絶大な人気を確立。その勢いに乗って、さらに彼はLAにショップをオープンし、SFにもう一店舗を開きブランドも拡大させた。
    現在でもRealのプロライダーとして活動するHufは、ビデオパートを撮影する傍ら3つのショップの運営に精を出す。さらに七月にはフットウェアもリリースするという。Hufの働きっぷりにはいつも驚かされるし、どんなに忙しくても自分を見失わない様には本当に関心させられる。Hufは皮肉が好きな面白い奴で、人が見ていないところで自分の頭をオーリーで超えていく野郎だ。Hufを知っているから、一つの仕事だけで根を上げる奴を俺は笑うだろう。だって、Hufは肉体的にも精神的にも全力投球で挑むからね。この業界の中でも間違いなく奴が一番働く男と言ってもいいだろう
    — Alex Corporan

    huf2
    お気に入りのエリア: Tenderloin
    安くて上手い飯屋: BestBuyの外にいるTaco Truck
    お気に入りのバー: Minx
    お気に入りの服屋: HUF
    お気に入りの観光客向けスポット: Golden Gate Bridge
    お気に入りのバイクショップ: HayesのFreewheel
    外でも飲めるオススめスポット: ストリートで飲む
    お気に入りの博物館かギャラリー: MOMA
    好きな自転車向けライディングスポット: Golden Gate Park
    お気に入りの飯屋: Patxi's
    SFの隠れオススメスポット: Bombing Hyde
    お気に入りの地元の料理や飲み物: Blue Bottle
    お気に入りのスケートショップ: HUF
    好きなSFのレジェンド: Tommy Guerrero
    お気に入りの年一イベント: Fleet Week中のBlue Angels
    SFでわかっちゃいるけど、止められない楽しいこと: Lusty Lady
    最高のライブハウス: Fillmore
    お気に入りの公園: Golden Gate Park
    最高のブリトー: Pancho Villa
    最高の床屋p: 自分の家
    最高のタトゥーショップ: Tramp Stamp
    最高の靴屋: HUF
    GiantsとAsどっちが好き? Giants

    huf1
Page: 1 of 2

Items 1 to 10 of 16 total

per page
Page:
  1. 1
  2. 2