Japan JA Stories

  • Chrome X Blue Lug

    Two iconic brands. Three unique bags.

    Blue_Lug_Blog_Header_Optimized東京を代表するサイクルショップBlue Lugのオーナー足利敏浩
    と東京のバイクカルチャーやBlue Lug×Chromeのコラボバック、そしてなぜ自転車とビールと女の子が大切なのか訊いた。

    IMG_3637-1024x683_Optimized

    CHROME: Blue Lugの運営方針を教えて

    TOSHI: 東京の自転車コミュニティーをサポートすることですね。やっぱり、みんなにより良い自転車生活を送って欲しいので

    CHROME: Blue Lugのユニークな点ってどこだろう?

    TOSHI: ちょっと大げさな言い方かもしれないですけど、Blue Lugのスタッフは大きなファミリーみたいな感じですね。今働いているスタッフのほとんどは、ローカルのメッセンジャーだったりチャリ好きの兄ちゃんたちだったりもともとお客さんだったんです。彼らはシーンに全てを捧げてるし、自転車が好きでたまらない連中ですね。

    CHROME: 東京のバイクカルチャーってどう?

    TOSHI: 東京で生活する上で自転車は長い間重要なものとされてきたと思います。でもここ最近、人々が乗る自転車のチョイスが変わって来ましたね。数年前までは、他の都市と同じでトラックバイクがすごく人気があった。爆発的なピストブームがBlue Lugみたいにユニークな自転車を揃える店に需要をもたらしたんです。東京ではトラックバイクの人気は衰えなていないし、特殊な自転車が流入することで世界的な自転車カルチャーに対するローカルのシーンに認知度が増えたのかなと。今だと東京の人々はファットバイクやシクロクロス、マウンテンンバイクまで乗るようになりました。常に新しくてユニークなことに対して東京の人はオープンだと思いますね。

    CHROME: 東京で好きなライディングスポットは?

    TOSHI: 自分にとってのお気に入りは夜明け前の新宿を走ることですね。日中はとても人が多くで走れないけど、夜明け前だと一人で走ることができるんです。静かだし、夜風も気持ちいい。人を気にしないでスピードを出せるし、なんとも言えない感覚に浸れるんですよね。その感覚に勝るものはないなあって思います。東京に来たら是非試してほしいですね。

    CHROME: Chromeとのコラボはどうやって実現したの?

    TOSHI: Chromeのプロダクトは好きだったし、ずっと店に置いていたんです。自分たちでもバックを作り始めて、Chromeの作りやデザイン良さに改めて気づいたんです。Chromeのバックはスタイリッシュだけど、機能性もバッチリだし、バックを作ってるメーカーとして見習うべきものだと。そういうのもあってChromeにオファーをしたら、OKの返事をもらえました。

    CHROME: 今回のコラボアイテムの主なアイデアやインスピレーションを教えて。

    TOSHI: デザインに関してはザックりしたテーマがいくつかありました。まずBlue Lugのテーマーカラーでもあるブルーのスティッチを入れること。そして他のテーマは前者ほど明確ではないですが、いつもショップで人生において大切なものは「女、自転車、ビールだ」みたいな話をしてたんです。そう考えてるのは僕たちだけじゃなくて、心の底ではみんなもそう思ってるだろうって。ちょっと恥ずかしかいのもあったんので、底についた文字は全部鏡文字にして女、自転車、ビールに対する愛を表現してみました。

    Blue Lugとのコラボコレクションはすべてアメリカ製で、Sentinel、Sotnik,、Victorという三型をラインナップ。今回のアイテムはBlue Lug限定だか、米国では小さなバッチを用意したのでChromeのHUBで購入が可能だ。

    Blue-Lug-Collection_2_OptimizedBlue-Lug-Sentinel-bottom_OptimizedBlue-Lug-Sotnik-bottom_OptimizedBlue-Lug-Victor-back_Optimized

  • Chris Milliman Q&A — Limited Edition Messenger Bag

    block 3

    Chromeをインスパイヤするフォトグラファー、グラフィックデザイナー、スクリーンプリント職人、ペインターたちとのコラボレーションプロジェクトであるThe Chrome Artist Series。コラボアイテムは全て限定生産で、一度在庫が無くなってしまったら二度と手に入らないリミテッドコレクションとなっている。

    毎シーズンごとに人気モデルのリミテッドエディションをリリースしてきた。今年は、フォトグラファーのChris Millimanとタッグを組んで、バックを製作した。ちなみに、Chrisはロードレースやシクロクロスの世界的な大会で活躍しているフォトグラファーだ。

    今回のコラボアイテムにはChrisのスタイルを象徴する4枚の写真が使われた。コラボバックにはベルギーの古い城の周りを走る地元のシクロクロスの大会、シカゴの鉄橋にあるバイクレーン、シカゴのローカルオンリーのスポット、バイクショップの散らかった様子という写真が使用されている。バックの中には、
    Chromeのロゴとオールドスクールなカメラが刺繍された限定パッチが付けられている。

    もちろん全てアメリカ製。

    • 今回のコラボで使われた写真のインスピレーションはどこから?

    一枚一枚全て違うけど、同じ考えの元に撮れられた写真なんだ。景色の中にある図景要素を見せたかった。ストーリーがあまりはっきりしていない、静かで控えめなムードを探していたんだ。シカゴにはたくさん収束線や古いアメリカっぽい建物があるから、撮影は簡単だったね。ベルギーで撮ったシクロクロスの大会は建物や橋にみたいに被写体が止まってないし、人々をフレームに入れるのが少し難しかったね。

    • 仕事全体を通してなにがあなたにインスピレーションなの??

    自分の主なインスピレーションは馬鹿正直なイメージを作ることだと思う。同じ事を繰り返すつもりはないけど、何を撮るか、そしてどのようにして撮るかと関係しているんだ。でもそれと同時に、正直な写真を撮るという行為と写真のテクニックを共存させるためのバランスが存在している。自分が好きな構図にしても被写体の確実性を保つデリケートなものだと思うんだ。自分にとってインスピレーションかつ挑戦と言えるかもしれないね。

    • 写真はなにがきっかけで始めたの?

    元々ライティングを勉強してて、エディターやライターとして仕事をしていたんだ。たまたま課題で撮影に行く機会があって、それからカメラを少しずつやり始めた。ライターをしながら写真の勉強していく内にもっともっと上達したいという気持ちが大きくなって、どちらか選ばなきゃいけないなって思ったんだ。その時は写真の方がずっと興味を惹かれたし、そこからライターはやめてずっと撮影をしているよ。写真学校には通った事はないけど、いつも新しいテクニックを学びたい気持ちでいっぱいだったし、アドバイスをくれる大切な先輩のおかげでここまでこれたんだ。

    • 仕事をしていて何が一番楽しい?

    写真によって自分のクリエイティビティを形にできる所が素晴らしいところだと思うし、自分とは違う生活をしている人たちと仕事ができることかな。今は北イングランドの小さい街に住んでいるんだ。すごく好きだけど、静かだし若干隔離されている場所に住んでいるから、様々なクライアントといろいろな場所で仕事ができることがすごく楽しいね。自分が今やっている事ってある意味特権だと思うんだ。でもそれが当たり前の事だと思わないようにしてるよ。自分の職業は人とは違うものだからね。

  • Salvage Military Gift Bag. Re-usable. Resourceful.

    HOLIDAY_SCENE

    バカでかい飾りの付いた赤いラッピングペーパーなんかより、俺たちが作った軍使用のランドリーバックの方が断然クリスマスのプレゼントを詰めるのに役立つはず。倉庫で見つけたバックを2回洗って、Chromeのロゴをプリントした、このバックはシンプルで何にでも使えるし、繰り返し使用可能でひとつひとつ微妙に違っているユニークなアイテムに仕上がった。洗濯の後に使ったら、クリスマスや新年を祝うシャンパンや酒を包むのにつかって欲しい。このバックにChromeの商品をプレゼントを送ってもいいし、是非ホリデー用ギフトバックとしても友だちにあげてほしい。

    製品仕様:
    サルベージコットン、軍仕様のランドリーバック
    ドローストリング付き入れ口
    スクリーンプリントのロゴ、
    W23インチ、H29インチ

  • Chrome_20 Goes Live

    Streets of Chrome by Van Styles

    いい月になりそうだ。LAの人気ショップOrange 20とタッグを組んで、Chrome HUBをLAでやることになった。ちなみに名前はChrome_20で11月22日からスタートして、一ヶ月続くパーティーが続く予定だ。Orange 20にはイケてるスタッフもいるし、LAの自転車カルチャーに影響を与えて来た重要なショップだ。この企画が実現できて俺たちもうれしいし、これから4週間Orage 20のクルーとビール(たくさん)が飲めることが楽しみでしかたない。

    Chrome_20はChromeのバックが買えるだけの場所じゃない。まず、これから一ヶ月写真展を開催する予定だ。俺たちも親交のあるVan Stylesがキュレーターを務めLAのストリートフォトグラフィーを展示する。Van本人の写真も含めて、Sagan LockhartのJefroe作品をショーのためにVanがセレクト。Vanはカメラを手にとらせたらピカイチ、当然キミよりインスタのフォロワーは多い。Sagan LockhartはOdd Futureなんかとも仕事をしてるクリエイティブな天才。JefroeはLAにあるAt Large Mediaのクリエイティブディレクターを務めている。この展示は間違いなくLAを象徴するものだし、このショーを形にできて俺たちも光栄に思う。

    Chrome_20はInstagramを使った#Wrenched_LAの一貫で、地元に住んでる人に人気のスポットを公開してもらうというもの。#Wrenched_LAでは人々にローカルに協力してもらい、Wrenchedのシティーガイドをインタラクティブに作る予定だ。Chrome_20ではLAのマップが店の壁に貼付けられて、#Wrenched_LAのハッシュタグを付けてinstagramに投稿された写真をプリントして、マップに貼付ける。もしLAのクールなスポットに行ったら、#Wrenched_LAのハッシュタグを付けて写真を撮りまくってほしい。お気に入りのバー、#Wrenched_LA。超うまいブリトー、#Wrenched_LA。最高のコーヒー、#Wrenched_LA。夕日を見るのに最高なスポット、#Wrenched_LAっていう感じにね。俺たちはキミたちに街を見せてほしいんだ。あと最高のショップやスポットをまとめる予定あるし、最高になること間違いなし。

    2013のCoveted Jerseyをゲットできるチャンスも毎週ある。11月22日7時から行われるアーリーキャット、11月29日7時から行われるピスト限定のクロスレース、12月7日1時のアップヒルスプリントのレースなどがある。2013年度のCoveted Jerseyをゲットできる最後のチャンスなので、是非出場してほしい。これからイベントに関する情報をアップデートしていくけど、とりあえず今のところパーティーは11月22日の7時から10時まで開催する予定だ。DJと新しいベルギーのビールや写真も楽しめること間違いなし。あとCoveted Jerseyもゲットできるかもしれないのぜ、是非来てほしい。

    住所は以下の通り
    4357 Melrose St.
    Los Angles, CA 90029
    We’ll be there:
    Mon.-Sat. 11am - 7pm
    Sunday 11am - 5:30pm

  • Chrome Films: Massan Barrage Cargo

    Chrome Films: Massan Barrage Cargo from Chrome Industries.

    Kamp Grizzlyと共同でFamiliaメンバーのMassanがBarrage Cargoを背負ってポートランドのヒルをボムする映像を製作した。この映像ではポートランドの絶景や時速約65キロで走れるBurnsideなどを見ることができる。映像を見た後はテンションを上げて、自転車に乗るべし。

    カーゴネットコンプレッションシステムとシートベルトベルトバックルを搭載したコンパクトな100%防水仕様のロールトップバッグBarrage Cargoはオンラインショップで取り扱い中。もちろんアメリカ製。

  • Chicago Black Ops Citizen

    CHICAGO_BLACKOPS_WEB

    Chrome Black Ops Citizenは戦術単位に着られたパッチからインスパイヤされたプロダクトで、星とDパネルの部分を除き、全てオールブラックで仕上げられている。アメリカ製でもちろん永久保証付き。

    Chicago Black Ops CitizenはChromeのシカゴHUBとシカゴのChrome取り扱い店で購入が可能となっている。

    シカゴのChrome取り扱い店は以下の通り:

    Belmont Army
    The Bike Lane
    Blue City Cycles
    Comrade Cycles
    Cycle Smithy
    Kozy's Cyclery
    On The Route
    That's Our Bag

  • Second Stop: Minneapolis

    stop 2 pt1 col

    この辺り出身の俺からしてみればこの旅が何か特別なものになるのは分かってた。帰郷って結構心に響くものだよな・・・地元はVikingsのファンで溢れてやがるし(くたばれ、Murph!)。 今回はシアトルを通って俺の地元ノースダコタ州のFargoまで行った。ここで弟のBlakeと再会して、Chromeのバンでチル。ヘッズが呼ぶネクストレベルの音楽とビールとグリルで焼かれた肉を楽しんだ。
    Continue reading

  • Chrome x Red Bull Ride and Style 2013

    matt-reyes_800w

    もうすでに、大半の人たちがRed Bull Ride and Style 2013に関するレポートを読んだり、#CFTV(Can’t Fool The Youth)とOmari SebaiがWheel Talkで公開したイベントリキャプ映像や友だちやバイクチームが撮った写真の数々を目にしていることだろう。その全てが最高の状態で映像や写真に収められていることは間違いなし。我々も、このWheel Talkの映像を何回再生しなおしたか分からないぐらいだ。 Continue reading

  • Warsaw II: An Iconic Messenger Pack Returns

    warsawII

    Chromeは2003年にプロ仕様のバックパックWarsawを初めて開発した。人間工学にも配慮しながら大きな荷物を運べるショルダーストラップが付いたバックは、今までにないプロダクトだった。これによりWarsawはメッセンジャーから高い評価を得て、彼の生活を支え、レースや旅行などで利用されてきた。

    そんな名作Warsawのリメイクが決定した。メッセンジャーの見た目こそあまり変わらないが、Billy SouphorseやGodspeed crewが初期のWarsawをゲットした頃より時代は変化しているという理由からだ。Warsawは当初小さなアイテムやメールではなく大きな荷物やボックスを運ぶために開発されたが、現在は小さなものを運ぶ需要が上がっている。デリバリーの形態も変化しているのもあり、新しいWarsaw は時代にあったものにしたいという願いの元に開発がスタートした。

    Warsawの再開発にあたって、友人や社員、プロのメッセンジャーたちと改善点をよく話し合った。Billy SouphorseとSquid Bolgerというベテランメッセンジャーに開発に参加してもらい、プロの目線からの意見を反映。今回もオリジナルとは変わらず、ファイルボックスを運べるサイズをキープしている。積載量があるが、渋滞を抜けられるようにスリムな仕上がりが特徴。さらにヨークを外し、ショルダーストラップを分離させて積載性、安定性、快適さを向上させた。ストラップ・リテンションシステムを採用しているので、バックを広げる必要がない時は邪魔にならないようになっている。さらに作りをシンプルにしたので、小さいアイテムが探しやすくなった。ツールポケットも追加したので、バックの中を探すことなくツールが素早く見つけられる。サイドポケットで手紙やFedEXの封筒が素早い取り出しも可能。IDホルダーの位置を移動してあるので、雨が降ったときでもIDが濡れずにすむようになった。スタッシュポケットはそのまま残っている。
    かなりの数の試作品を経て、Squidと全米のクルーが実際に使用した試作品の最終版が形になった。数ヶ月にわたるテストの後に、ついにWarsaw IIが完成。プロダクトの見直しや、ライダーやメッセンジャーから意見が反映されているので、プロのメッセンジャーをも満足させること間違いなしの仕上がりとなっている。

    Warsaw2_Hero

  • CHROME X CARDIEL X T19

    T19 X CHROME

    日本を代表するスケート/ピストチームT19と超人John Cardielとの限定トリプルコラボレーションモデルがリリース。

    日本のスケートクルーT19とタッグを組み、Cardiel自身がデザインを手掛けたORPの別注モデルを制作した。T19は東京を本拠地とするスケートカンパニーで、30年以上にわたりスケートカルチャーを発信し続ける重要な存在だ。これまでにStussy、New Era、Fragmaentなどとコラボしており、我々にとってもうれしいコラボとなった。

    T19は1984年に渋谷と原宿界隈にいた5人のスケーターたちによって結成され、東京におけるピストムーブメントの仕掛け人的な役割も果たした。そしてチーム結成から10年が経過し、T19のブランドが誕生。香港のSubcrewが2010年に北京で主催したトラックバイクのショーで、John Igeiの紹介によりT19とCardielが出会いを果たしたという。その一年後に、FTC/Chromeのジャパンツアーで来日したCardielとT19の間に、今回のコラボバックの構想が生まれた。

    T19 ORPのボディにはT19のシグネチャーカラーでもあるブルーが採用され、プロスケーター/グラフィックアーティストとして活躍する笹尾弘貴がデザインを手掛けたT19のカスタムパッチを装備。ORPは計量かつ全天候対応型モデルなのでデイリーユースをはじめ、他のバックに忍ばせておけば旅行の時などに役立つこと間違いなしのモデルとなっている。
    数量限定のT19 ORPのオーダーはオンラインから。

    Shot/ Edited: TAKEIGOODMAN

1-10 of 11

Page:
  1. 1
  2. 2